スポンサーサイト

  • 2020.05.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    3/17の診察行ってきました。

    • 2020.03.17 Tuesday
    • 21:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

     

     

    金曜に言われた通り、火曜である今日、主治医の診察に行ってきましたー。

    つかれた…疲れすぎて昼から寝てて、気付いたら夕飯の時間過ぎてました💦

     

    経口ステロイド、今回はちゃんと4日、朝に飲みましたよ。2,3回目は寝坊して10時とかに飲みましたけど(笑)

    前回、年末に4錠(20ミリ)を飲んだ時は副作用で頭痛いやら気持ち悪いやら酷かったので覚悟してたんですが、今回6錠(30ミリ)なのに副作用があまりなく…私、なんで薬の量増やすと副作用でなくなるの??

     

    顕著に出たのは、不眠筋肉痛、あとおまけのようにむくみです。

    特に筋肉痛は酷くて、両足がずっとつりそうな感じです。スネにシップ貼って今は少し楽になりました。

    不眠。私、ステロイドで不眠出るって知らなくて、眠れないのは苦しいからだと思ってました。夜中少し苦しいのもありましたが、今までなら普通に寝れてる位の苦しさでなんで眠れないんだろう、って思っていました。しかも、睡眠不足のはずなのに日中眠いとかそういうのはなく、いつかもこんな状態だったような、と考えてて気づきました。入院中、朝晩夜中とステロイド入れてた時こんな感じで眠れませんでしたね。これは全身麻酔で24時間寝てるからだと思ってたわけですけど( ´∀` )

    むくみは、気にしなければ気にならないくらい。手だけほんのりむくんじゃって、おかげで喘息マークの作業がちょっと辛かったです…。

     

    そんなわけで、火曜です。主治医が外来に出る日なので、金曜に言われた通り診察に行ってきました。

     

    時間指定されたわけでもなく、普通に予約外受診だと思っていたので9時半にゆったり家を出たわけですが…。

     

    私 「すみません。予約外なんですけど…」

    受付「あ、わかりました、診察券確認するので少し待ってくださいねー」

    私 「はーい」

    受付「…あれ、今日予約入ってますね

    私 「へ?」

    受付「9時半に予約はいってるので、こちらの番号で呼ばれますから〜」

     

    ……。予約はいってたんかーい!!

     

    しかも9時半。家出た時間ですよ…遅刻か。遅刻なのか。先生ごめんなさい…。

    見たらほんとに予約の受付番号(予約外だと7000番台)なので、もう苦笑いしか出なかったです。

     

    で、先生いつも診察室1番なのでそこらへんに座ろうと思ったら、「3番診察室で呼ばれますから、その近くに座っててくださいねー」って。え、3番??

    そういえば、前に部長先生が代診入った時も火曜で3番診察室。

     

    そんなわけで、診察前に座ってのんびり待ってようと思ったんですが…座って10分もしないで所在確認。

    「3番目に番号出たので、呼ばれたらおはいりくださいねー」って言われましたが…隣に座ってた人の視線が痛いよぅ…。待ち疲れでグデェっとしたおばさん、私より先に座ってたのに「もう診察室呼ばれるん!?」って顔してました……m(__)m

     

    3番目ってことは、診察室入る支度をせねば、ということでコートを脱いだり喘息ノートを用意したり、ゴソゴソやっていると、近くからアルコール臭…向かいに座ってたおばさんが徐に手の除菌してました。今アルコールの匂いはダメなんだ…。

    慌てて荷物を抱えて立ち上がり、少し離れたところに立って待つことにしました。座れるところなかったんだもん。

    幸いアルコールおばさんは診察に呼ばれたようで他の診察室に入り、少し匂いが無くなるのを待って、再びイスに座り…と思ったら呼ばれましたw

    なんかドタバタしてますな(笑)

     

    診察室、なんとなくコソーッと入って、カゴに荷物置いて喘息ノートだけ持って着席。

    週末はどうでしたか?と言いながら先生酸素計セット&聴診器装備。て、手早い…。

    「なかなかしんどかったですー」といったら、あらー、と言われて聴診器開始。音は…してる。今回は「ちょっと音してますね」でした。細かいよりも音大きくなった、ってことなんでしょうかね?

     

    とりあえず、経口ステロイドは終了。お薬止めてみて様子を見ましょうって。

    ステロイド追加するならいっそ入院させてくれって金曜の先生にも言ってる位ステロイド嫌だったので、思わずニパーッと笑ってしまった。マスクしててよかった…(〃ノωノ)

     

    音してるから点滴していきましょう、と言われ、処置室に移動。

    そういえば朝ステロイド飲んできてるって、先生に言ってないけど聞かれなかったよな…と思って、点滴するのにベッドそばにいる人がどいてくれるのを待ってる間に、看護師さんに「朝ステロイド飲んできたんですけど…」と自己申告。え?って顔されたのでこれは言ってよかったやつかな、と思いました。

    何ミリ飲んだのか、何時に飲んだのか聞かれて、「ちょっと先生に確認とるから、座って待ってて」と言われ…「先生お話中だから、悪いんだけどもう一回待合室で待っててもらっていい?」といわれ、待合室に戻りました。

    そのあとすぐに出てきた看護師さんの手に、点滴は…ない。

     

    「今日点滴いらないから、帰って大丈夫」

     

    どうも先生、出されたステロイドは昨日の分までだと思っていたようです。

    今日はステロイド飲んでなくて、音がしてるから点滴ってなったらしい…でもステロイド飲んでて音がしてるのってどうなんでしょう…。

    とりあえず、ステロイド飲んでるなら点滴はできないって言われたので、そのまま帰宅。診察しかしてないからか、会計計算もめちゃくちゃ早くて、病院滞在時間は1時間もなかったのでは…(笑)

     

    診察だけだったので、過去一番でお会計安かったですw

     

     

    とりあえず、入院も、点滴も、ステロイド追加も無し。

    帰宅できたので、お昼から「喘息マーク」その他の販売を開始しました。

     

     

      販売はこちら→ minne (@hiromi-60)

     

     

    病院行って疲れたのか、販売開始作業のあとはずっと寝てました。3時過ぎにはもう布団に入ってて、目が覚めたら夜7時過ぎてて…寝すぎ( ´艸`)

     

    ついでに不動産やさんのHPでよさげな物件を発見したのでお問合せもしておきました。

    体調まだ落ち着かないので見に行ったりするのはもう少しかかるかな…今週中に行きたいけど。

     

     

    3/13〜のこと。

    • 2020.03.15 Sunday
    • 21:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    めずらしい時間帯に投稿ですが、12日から更新が止まってて申し訳ありません。

     

    と、いうのもですね。

     

    発作が、止まりませんでした。(チーン)

     

    というわけで、順をおって何があったか書いていきます。

     

     

    始まりは12日の点滴後から、です。

    点滴中に苦しくなって、家でも苦しくてシムビコート追加した、というのは書きましたが、その後も治まりませんでした。

    夜中もなんとなく苦しくて、結局12日もシムビコートをMAXで使用。

    でも翌朝、目が覚めたら少し落ち着いていたので、ずっとできないでいた「喘息マーク」の作業日にすることにしました。

     

    この日はレジン作業だったので、自室だとレジンの匂いがこもってしまうので居間に移動し、お昼すぎから作業開始。

    作業そのものは順調に進んだんですが、2時頃でしょうか。なんか、苦しい。酸素も少し下がっていたので、シムビコートをしましたが…直後は改善したんですが、3時頃に、なんかやっぱり苦しいような…って感じでした。

    で、4時に「ヒューッ」と小さく聞こえたので、あ、これ発作じゃない? と思って、病院に連絡。私の通う病院は5時で外来が締まってしまうのですが、この時点で4時ちょっと超えてて微妙な時間でした。

    でも、すぐ来てくださいと言ってもらえて、父親の送迎ついでに病院に置いて行ってもらい、そのまま外来へ。

     

    フラフラしていたのかわかりませんが、処置室で車椅子に乗せられまして…処置室で待ってた先生(主治医ではない)にそのまま診察してもらいながら、レントゲンから帰ったら点滴と吸入するから、と説明されて、まずはレントゲン。

    特急診察、らしいです。時間ギリギリでしたからね…ありがたい。

    レントゲンも車椅子で運んでもらい、外来に帰ると、すぐにまた処置室。点滴を刺しながら、さらに待ってた先生が「レントゲンは大丈夫だった」って。

    明日週末だから今来てもらえてよかったよ、と褒められ、一人暮らしはまだ時間かかりそう?と聞かれ、その間に点滴刺すのに「せーので刺してね!」って看護師さんに言ってたもんだから、「その”せーの”って抜くときも言ってもらうの?」と笑われ…なんじゃこの先生、面白いぞ。

     

    で、脈拍早いから吸入は止めといて、点滴してダメなら僕また見に行くからね、と言われて、次の話ですが…。

     

    「火曜に主治医の先生の外来行ってもらうんだけど、それまで毎朝、ステロイド出すから飲んでね」って…。

     

    え、ステロイドですか。飲むやつ?

    前飲んだことあるよね、というので、言われたことをそのまま答えましたよ。苦しくなったら飲んでって言われたけど、結局一回しか飲んでないって。

    そしたら、つらくても毎朝飲んでね? って。うぅ…了解です。

    ステロイド、苦くて嫌なんだよーっていったら、看護師さんに笑われました。え、そこ?って(笑)

    火曜に主治医の先生に元気な顔見せてあげてよーって。いい先生やー。

     

    で、点滴は1時間なので、外来はしまっちゃいます。なので、抜針を救急外来でやってもらうことになりました。

    点滴刺したまま車椅子で救急外来に行って、終わったら救急の看護師さんに抜いてもらって終わり、という流れっぽい。

    救急外来にはとてもノリのいい男性看護師さんがいるので、会えるかちょっと楽しみにしてたんですが…まあ、世の中そんなにうまく行かないですよね…。

     

    点滴終わって、針抜く前に酸素測定。99%あるから大丈夫、ってことで帰宅になりました。

     

    そのころにはもう6時過ぎてて、かかりつけの薬局は6時閉店なのでどうしようと思っていたら、母が先に電話していて、開けて待っててくれるということで…みんな優しすぎる…!!

    いそいで薬局に行ったら、「大丈夫ー?」と心配され、プレドニンの説明してもらって帰宅。

     

    処方が…1回5ミリを6錠…。つらたん(´;ω;`)ウッ…

     

    あの苦さを6個もいっぺんに飲めない、ってSNSで相談したら、2〜3時間あけて半分づつ飲めばいいって教えてもらえて、その通りにしたら、なんか頭痛とか吐気とかも無くて、ちょっと筋肉痛なのと、食欲ない位なのと…。

    しかし、副作用でてないっぽいんですが、苦しいのも止まってなくて…おさまらなかったら火曜に入院も選択肢に入ってしまう…!

     

    そんなわけで、火曜まであと2日。頑張ります。

     

    3/12の診察に行ってきました。

    • 2020.03.12 Thursday
    • 20:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    今日は3月の予約診察の日でしたー。

    先週も行ってるので、予約診察って感じがしないわけですが…。それはほっといて。

     

    今日は採血予定もなく、先週点滴やってて少し落ち着いてるし、手をあっためるホッカイロはいらないかなーと思ってそのまま出発。私は血管細い&出にくいので、採血なり点滴になりそうなときはホッカイロで手を温めます。そうすると血管出やすくなるんですって。あと家を出る前にお水を多めに飲んだり。

     

    【楽天市場】KOWA 貼らないホッカイロ(ミニ) 30個入

     

     

    保険証確認は先週しているので、再来受付機に診察券を通してそのまま外来受付へ。

    なぜか、診察券を持って予約票をしまっていたので、受付でもたもたと予約票を探すハメに💦

    しかも採血ないから診察券は必要ないですよーって。重ね重ねすみません事務の方…。

     

    相変わらずガラガラの待合席に座って、診察開始を待ちます。

    座ったのは9時ちょっとすぎ。診察予約の時間は9時半ですが、入院してる人の回診があるのでいつも少し遅れます。

    病室回って、ICU回ってですし…今は感染病棟とかも回るでしょうし、そりゃ時間かかりますよねー。

    私は先生がスタスタ歩く姿がかっこよくて好きなので、処置室の方(先生たちの出入り口)を眺めながらボーっとしてました。

     

    でもそんなに待たずに、看護師さんの所在確認スタート。

    「まだ先生来てませんが、番号だけ挙げておきますのでー」って。いつものことですねー。

    と思ったら、3番目、私。診察待ちの時間がやたら短い先生です。

    ちなみに私の前に座ってた人もゴホゴホ辛そうだなーと思ったら、2番目でした。

     

    番号が出て少ししたら先生登場。診察スタートです。

     

     

    呼ばれたので診察室へ入り、いつも通り「調子はどうですかー」に答えながら、喘息ノート提出。

    いつものルーティンのように、酸素をはかり、聴診器。あ、今回は首なかったです。

     

    そして今日の先生は紺色のスクラブでした。先生今日は当直なんですねー。

    私の通う病院は、担当業務によってスクラブの色が違います。だから、慣れると今日は何の日かわかります(笑)

    灰色とか黒とか、うすめの緑とか、普通の白い白衣とか、色々あって楽しいです。白い白衣着てる先生はほとんど見たことないですけどね…。

     

     

    「うーん、細かく音がしてますねー」って。

     

    細かく、とは…??

     

    先週の診察から体調はどうですか、と聞かれたので、よくも悪くもなく…と答えておきました。一瞬ふわっとよくなったわけですけど、直後にストレスを受けてストレス発作発動しちゃってる身としては、いいとは言えず…。

    とりあえず、音もしてるので点滴とかした方がいいと思いますって。した方がいいならします…。でも吸入までは必要ないそうで、よくはなってるのかな…?

    まぁ、まさかの2週連続の点滴だしね。

     

    そのあとはお薬の話。

    先週、シムビコートの話をしていたんですが、先生、やっぱり変えない方針です…手が震えるんですって言っても駄目でした。アドエアでも少し震え出てたし、サルタノールでもホクナリンテープでも震えてたからね。シムビコートだけの話じゃないよね。ぐすん。

     

    薬の量、ここで先生悩みました。ちょっとかわいかっ…ごほんげほん。

    先週足りなくて、臨時でもらった1個も、あと5回分しか残ってない(!)ので、先生「うーん」が出ましたよ。

     

    「シムビコート足りないんですもんね…予備で1個…でもな…」って感じでした。なにこれかわい…ゴッホゲッホ。

     

    結局、予備にひとつ出しておきますが、足りない様なら来てもらった方がいいので、足りなくなる前に来てくださいね。って感じで決定。

    やっぱり私は「シムビコートを予備の分まで使いつくしてる」状態なんですね…。

     

    しかも、先生、また次の診察日について何も言わなかった…。

    これについてはジンクスです。「次の診察日の話をしないと予約外で受診することになる」っていう。やだなぁ…また発作で受診するんじゃないといいけども…。といいつつ、今日またmaxでシムビコートしてるっていうね…。

     

    というわけで点滴です。

    もう看護師さんに説明されなくても、自主的にお手洗い行って、処置室の前で待機ですよ。慣れちゃった…。

    移動したら、私の前に診察室入ってたお姉さんもいました。

    今度はちょっと待って、いつもの看護師さんに呼ばれました。もう私の点滴係になってませんか( ´艸`)もはや普通にため口で話し、〇〇ちゃんと名前にちゃん付けで呼ばれる仲ですよ(笑)リラックスできていいんですよー。体の力抜けてると点滴入りやすいですからね!

     

    ということで、先にベッドでリラックスタイム。

    3つあるうちの1つに、さっきのお姉さんが点滴下げながら吸入してました。私吸入終わってから点滴タイムなんですけど、点滴先にする人もいるんですね…。丸椅子に座れないくらい具合わるかったのかな…?

    というか、今書いてて思い出しましたけど、あのお姉さん、前に受付で「ファセンラやめたい」って話して、私の苦手な先生の診察室に入ってったお姉さんだ。(変な所で記憶力がいい

     

    リラックスタイムでベッドの頭を上げようとしたら、なぜか動かず…。点滴セット持ってきた看護師さんに動かないのーっていったら、コンセント抜けたかな、といいつつ看護師さんがスイッチをオンにし…動いた。あれー??

    なぜに…といいつつ、いい具合のところにして、点滴準備。もう、入るところに入れてくれのスタンスなので、両腕まくってさーどーぞどーぞでした。

    右腕にいい血管があったんですが、駆血帯しばったら逃げました…なぜ…。

    いつもどこで取るの?って聞かれたので、肘のところ、って答えたら、あらー肘のところでもいい人なのね、って。肘だと動けなくなるので、あまりいいよっていう人いないらしいです。痛くないし失敗しにくいから、私はむしろ肘のところがいい。腕の真ん中あたりで超失敗してめちゃくちゃ痛くなって診察行きになったことを私は忘れない…(笑)

     

    左のいつものところに狙いをつけて、いざ「せーの」でチャレンジ。

     

    一回で入りました。

    しかも痛くなかったです。

    逆血までバッチリであっという間に点滴のセットが終わりました。

     

    なにこれ一日分の運を使い果たした??

     

    点滴入ったので、あとは終わるまでのんびり寝てるだけです。

    前の夜1〜2時間しか寝れてなかったので寝てるつもりだったんですが、なんとなく苦しくて眠れず…。ぼーっとしてたら、使わなかった点滴スタンドを取りに看護師さんが来まして…なんか見覚えがある…なんか見たことある名札……。

     

    病棟での担当看護師さんでした。

     

    「病棟にいたんだよ、覚えてる?」って言われましたが、覚えてるに決まってるじゃないですか。

    入院中の同室だった患者さんたちは外来でほとんど会えてないのでみんな元気かなーってなりました。

    そんで、担当だったとはいえ8ヶ月も前の患者さんを覚えててくれてることに驚きましたよー。

     

    さらに、そのあと処置室で問診に来たおばあちゃん。見覚えがありすぎる顔でした。…他の児童館のボランティアさんです。

    喘息持ちだという話は聞いてましたが、同じ病院だったとは…。

     

    そんな感じで点滴中は順調だったんですが、なんか急に苦しくなりはじめたような…?

    横になってるかなーと思いつつ、ボトルを見たらまだ1/4くらいあって、終わるころにはおさまるかな…と思ったら、なんかだんだん苦しさが増してきて、あれ、これ駄目なヤツ?と思いながらさらに点滴が終わるのを待ち…

    唐突に終わりましたが、苦しいのは治まらず、点滴終わった合図を出してきてくれた看護師さん(病棟でお世話になった看護師さんきた( ´艸`))に「どっか変な所はない?」って言われたので、「なんか苦しいのー」って。顔つきが変わりました…。

    近くにあった心電図モニターから酸素計を引っ張り出して装着。入院中の病棟でずーっとついてたやつでした。結果、酸素は100とれてるねー、と言われつつ、点滴抜去。会計とかも全部終わってたので、そのまま帰宅になりました。

    「でも苦しいのひどくなったり調子悪くなったらすぐ来るんだよ」と言われながら、帰りましたよ…。

     

    薬をもらって、家に帰ってご飯を食べて…なんですが、あんまり食べれませんでした。

    とにかく眠くて、そのあと3時間くらいお昼寝…。起きても苦しくて、仕方ないので追加でシムビコート吸入。少し落ち着いたような気がしたのでそのまま夕食で、お薬の時間を終えて今に至る感じです。

     

    ベッドで感じたくらい苦しいんですけどどうしようよコレ。

     

     

     

     

    予約外診察に行ってきました。

    • 2020.03.06 Friday
    • 20:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    3/6、シムビコートが無くなってしまうので、受診してきました。

     

    私の通院している病院は、北海道の某地域の「感染症指定病院」です。

    これでわかる人もいるでしょうが、コロナの新型肺炎の人が入院している病院です。だからなのかわかりませんが…なかなかすごかったです…。

     

     

    そもそもどうしてシムビコートが足りなくなるのかって話なんですが。

     

    私のシムビコートは、1回3吸入、1日4回までという指示で出ています。

    で、最近具合悪すぎて、前回の診察から3週間の、半分くらいMAXで使ってたわけで…

    処方量は、1週間1キット計算です。1日2回の定期吸入にプラスして追加で1回を毎日で、少し余る計算です。これ以上使ったとなると、病院来てもらった方がいい、ということだそうで…。

    今回はバッチリ「病院に来た方が良かった状態」というわけですな。

     

     

    で。

     

    今回の受診はいつもとちょっと違います。

    なぜかというと、コロナのせいです…。

    前述した通り、感染症指定病院なので、一応HPで外来のお知らせが出てるか見に行ったわけですが…TOPページに書いてありました。「原則、予約外の外来を停止します」って。

     

    え、私思いっきり予約外の受診なんですが。しかも薬足りないからっていう理由で。

    受診制限に引っかかったら困るので、来週の診察予約を1週間前倒ししてもらおうと思って、予約変更の電話をしてみました。

     

    いつもは早朝に救急なり外来だったりに行っていたので、電話も一発で通じてました。

    しかし、この時は予約変更なので指定時間があります。3〜4:30と指定があるので、その間を狙って電話し…

     

    「ツー、ツー、ツー」

     

    電話中。まあ、予約変更の人は結構多いですからね…。

    数分あけて、もう一回。

     

    「ツー、ツー、ツー」

     

    …うん、まあまあ、そんなもんだよね。

     

    「ツー、ツー、ツー」

    「ツー、ツー、ツー」

    「ツー、ツー、ツー」

    「ツー、ツー、ツー」

    「ツー、ツー、ツー」

    「ツー、ツー、ツー」

     

    ……いつまで続くのコレ。

     

    で、やっとつながったので呼吸器内科の外来受付へつなげてもらおうとし、

     

    「すみません、今呼吸器内科は話中で、おひとり待っている方がいらっしゃって……」

    「あ、わかりました。もう少し時間を空けてかけなおしますね」

     

    なんてこった。

     

    その後、10分くらいあけてもう一度電話し、再び話中…話中…話中…話中。

    やっとつながったと思ったら、再び「今話中で…」。お、おぉう…。

     

    その後もう一回、話中の嵐を抜けて、「呼吸器科は話中ですが、終わるのを待ちますか?」って。

    キタコレ! と思って、速攻で「はい!」って。

     

    やっとつながった呼吸器内科の外来のお姉さんは…声が疲れ果ててた……。

    予約が来週なんだけど薬が無くなるから今週に予約を早めてほしいんです、って言ったら、「それは予約外でいらっしゃって大丈夫ですから」って。

     

    え? いいの予約外。

    しかも、病院行く前に電話しなくていいんだってさ。

     

     

    しかし、真の問題はその後にあったのです。

    私の主治医は、火曜、木曜、金曜しか外来に出ていません。月曜、水曜に受診すると、もれなく他の先生の診察に入るんですが…この先生、私嫌い。

    最初に苦しくて予約外の受診した時は、アドエアをシムビコートに変えられました。(主治医はできる限り薬を変えたくない方針です)以降、主治医が外来出てる日まで受診を我慢するようになりました。

    次は年末。金曜、土曜と連続でステロイドの点滴を打って、日曜日様子見という状況で、どうしてもだめで月曜日受診した時、何も説明せずに経口ステロイドを出されました。

    副作用とか飲み方とか何も説明されておらず、「苦しくなったら飲んでね」といわれていたのに、次の診察に行ったら主治医が「3回のうち1回だけしか飲まなかったんですね」って。え?? 3回続けて飲まなきゃいけなかったの? ってなりました。

    2月に主治医が休診で、代診の先生は凄く良い先生だったんですけどね。さすが部長先生…。

     

    なので、主治医が外来にいる日しか、予約外外来には行きたくありません。

    となると、電話した日は火曜だったので、木曜か金曜日しか選択肢はありません。お薬の残量は日曜の分まで。

    しかし、ニュースなどで知っている方もいると思いますが、木曜日、北海道には「爆弾低気圧」が襲来、各地に冬の嵐をもたらしました。

    私の住んでいるところも漏れなく嵐に巻き込まれ、1日中大荒れ。大雪やらなにやら警報が出て、バスもタクシーもストップしてる状態ではとても病院には行けません。

    幸い、予報では金曜日まで嵐は無くなり予報だったのですが……嵐をなめてました。大量の雪で、交通は再びストップ。バスもタクシーも出てなくて、これはどうすれば…という状態に。

     

    父親も仕事休みになり(大工の会社なので)、母親の提案で「父親に運転してもらって行こう」って。

     

    父親に運転を、してもらう…?

    運転荒すぎて母親よく酔ってますよね…私も酔うけど…。

    しかもタバコくさくて近くに寄れないのに、車の中(密閉空間)に一緒に入るとな。

     

    しかし、この日を過ぎると薬が無くなる。

    具合が超絶悪くなるのを覚悟で、火曜まで追加無し、1回2吸入にしてしのごうかとも思いましたが、母親が病院行くというので連れてってもらうことに。

    タバコは、マスクを3重にして、呼吸を浅くすることでしのぎました。車内で発作起こしたので、努力は無駄になっているわけですが…。

     

     

    そんな経緯を経て、やっと病院です。

    病院に着いた時にはもう、なかなかの発作が出てました。フラフラしながら保険証の確認をしてもらって、そのまま2Fの呼吸器外来へ。

    診察券を出して、受付番号をもらって、問診待ちです。

    問診は相変わらずすぐに呼ばれました。っていうか待合席がガラガラでしたしね…さすがコロナ。

    薬無くなったから来たんだけど、今発作起きてると話して、いつもの酸素、血圧、検温をして、診察待ち。

    診察も4人くらいしか待ちませんでした。呼ばれるの早い(笑)

     

    が、診察室でビビリました。

     

    先生、白衣にマスクして、手術で使うみたいなゴーグルかけてる…!

    よく見たら、看護師さんも一部の外来受付の人もつけてて、さすが病院、感染症対策がすごい…と思いながら、喘息ノートを差し出して診察開始。

     

    さっき苦しいといったので、速攻で酸素を測られ、聴診器。

    今回の聴診器は、胸の両方で深呼吸1回ずつ、そのあと右側の首にも聴診器で深呼吸1回。首に聴診器当てられたの初めてなんですが…。びっくりしたー。

    どうも、胸でゼーゼーなってると思っていた音は、喉から出ていたらしいです。え、喉って喘息じゃないってこと??

    で、苦しいなら吸入と点滴していきますか?と聞かれたので、してきます、と答えました。

    今回は、先生がしましょうといったのにハーイをしただけではありません。ちゃんと、自分でするって決めました。

     

    で、そのあとは次の診察の日の相談。

    もともとの予約日は来週で、前の時は1週間後の予約をキャンセルして、また4週間後にしました。

    でも、2月の発作状態や、3月になってから急増しているシムビコートを見ていると不安なので、そのとおりに先生に言ったら、「なら来週、また診察しましょう」って。

     

    …そういえば、先生いつも私に「どうしたいか」を聞いてくれますね…いま気づいた。

     

    少しずつですが、自分の思っていることや、こうしたい、という要求を人に言えるようになってきたのは凄い進歩だと思います。(自分で言うな。

     

    そんなわけで、次の診察までのお薬という事で、シムビコートを1週間分、1キットだけ出してもらいました。

    先生、ちょっと迷ってましたね。1キットで足りるのかどうか。辛うじて今ある分と、1キットで、マックスまで追加する日があってもギリギリ大丈夫なくらいにはなるので、1キットもらってきました。

     

    その後は、吸入と点滴。

    吸入はいつも通り。途中持ってる手がしびれるわ疲れるわ、ついでに飽きて、吸入の持つところをトレイの上に引っ掛けて、手放しで吸入してました。看護師さんに発見されて「飽きた?」って笑われながら残量確認されましたよ(笑)

    その後点滴ですが、使うベッドのところで車椅子の人が問診していたので、少し待つことに。丸椅子だったので、倒れる前に言ってねと念押しされ…フラフラしてるけど倒れるほどではないよー、と言ってましたが、問診少し長くて、最後の方ちょっと辛かったです…。

    で、点滴。いつも通りホッカイロで手を温めながらいたので、「血管出にくい人?」と聞かれ、少しの間リラックスタイムでベッドでゴロゴロしてました。病院のベッドは何故あんなにも落ち着くのだろう…。

    毛布も掛けてもらい、カーテンも(全部閉めるのは怖いので)半分だけしめてもらい…なにこの好待遇( ´艸`)

    5〜10分くらい、そうやって体を温めつつリラックスタイムを取って、いざ点滴。今回は左腕にいい血管を見つけたらしく、なんと一発OKでした。一発で入ると嬉しいよね…。しかも上手な看護師さんだったらしく、今も青あざにはなっていません。

    点滴がちょっと多めだったのか、落ちるの遅かったのかわかりませんが、診察から会計まで、2時間ちょっと。ちょっと疲れましたが、具合は大分よくなっていましたよー。

     

    来週の診察では、シムビコートを含むお薬の見直しが入るかもしれません。シムビコート効いてる気がしないって言ったのと、マックスで使う日が多いので。とりあえず今週はシムビコート使いましょうってことで。

    いつも点滴のあとはめちゃくちゃ眠るんですが、今日はまだ寝てません。寝ようとしたけど眠れなかった、が本音ですけども( ´艸`)

     

    点滴効果か、吸入効果か、全然出てこなかった痰が出て来てていい感じです。

    痰さえ出ればよくなるのわかってるわけですし…だすために水分補給頑張ります。

     

    そんな感じの、3/6でした。

     

     

     

     

    2/16 救急再び行ってきました。

    • 2020.02.16 Sunday
    • 21:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    2/16、日曜日。

     

    再び救急に行ってきました。

    ……二日連続で病院行くの、年末以来ですねー。

     

    前日と違い、横にはなんとかなれてましたが、やっぱりシムビコートしてもゼーゼーと息苦しさは改善せず、今日も受診です。

    昨日に引き続き、病院に連絡してかかりつけの総合病院の救急へレッツゴー。

    受付で、新型肺炎の質問に答えて血圧測って診察待ち。

     

    診察前の看護師さんの問診で、やっぱり酸素は98%あって、お熱は36.8℃。熱っぽいとはいえ36.4℃超えることはなかったのでちょっと驚きましたけどね。

    診察を待っている間に、処置室に入って行くお医者さんらしき姿を見たんですが…あれ、主治医? と思う後ろ姿でした。時々救急にも行く先生なので、いてもまぁ…不思議はないよなぁ、と思いましたが、診察室から聞こえてくる声は、明らかに主治医の声ではない。先生、結構特徴的な声ですからねー。

    そのあと呼ばれて診察室に入りましたが、やっぱり主治医ではありませんでした。恰好が似てたって言うね(笑)

     

    今回の先生はえらく丁寧で、もうこれだけで好感度は高め。

    最初に名札見せながら名乗ってくれて、喘息の様子を聞いて、聴診は前と後ろ。背中の聴診されたのいつぶりだ…??

    咳はそんな出てないですね、というので、もともと出ないタイプだと言っておきました。私本当に咳出ないんですよ…喘息なのに。

    が。

     

    「音もありますし、苦しいということなのでまず吸入を2回して、ダメなら次の手を考えましょう」って。

     

    ……また吸入。

    吸入何回もしても良くなることはないのわかってるので、点滴してもらえませんか? と聞いてみましたが、まず吸入してみて、それから決めましょうって。

    …。先生がそう言うなら、吸入しましょうかね。手がしびれたり脈が爆上がりしたりするけど、死にはしないですしね。ハハン。

     

    てことで、いつもの処置室で吸入1回目。いつもの15分コースです。相変わらず吸入初めてすぐに手がしびれる…。

    処置室にもう一人寝てたんですが、その人の奥さんらしい人が、まぁ落ち着かなくてあっちウロウロ、こっちウロウロ…気になる…しかもこっちをチラチラ見てくるし。ネブライザーしてんだから咳でるのは仕方いんですけど。うつらないから安心しろよ。

     

    1回目の吸入が終わっても、相変わらず苦しいのは治まりません。まあ当然ですけど。

    少し様子見時間を取って、看護師さんが様子を見に来ました脈をとり、痺れてる手を確認し…お熱もチェックして、吸入2回目。

     

    その間に、もう一人の人のところに先生が診に来てました。

    この先生、ベッドのところに来てくれるんですね…。いい先生だー。

     

    が、診察の間に付き添いの奥さんが怒りだして、ちょっと怖かったです…。

    先生は、「様子を見ないと治療がいるかどうか決められないから、これから専門の先生に経過報告します」って言ってるのに、奥さんは「いいからすぐに専門の先生の診察を受けさせろ」って。この状態はどうみてもおかしいじゃんって感じで、お医者さんにたいする態度かよこれ…と思いつつ、おとなしくネブライザーしてました。

     

    吸入終わって、様子見時間のあとで、先生登場。聴診器(背中から)をして、胸の音が小さくなったということで、点滴の必要はないそうで……もういいや。

    具合悪くなったらまた病院行く、ということで帰宅することにしました。

    正直、吸入しかしてくれないなら、病院行く体力がもったいないので、もうすこし酷い発作がでるまで救急行かないことにします。先生が外来に出ているときは、吸入きかないってなったら行きますけど。それ以外は、もう明らかな喘鳴がでてるとか、酸欠であるけないとか、そのぐらいになるまで様子見てよ。

     

    会計待ちしている間に、ふたたび看護師さんが現れ、次の診察の日を聞かれました。

    診察したばかりなので、次の診察は3週間後、3月半ばです。けっこう先なので、今週一度診察受けたほうがいいかもしれないね、とアドバイスもらって、帰宅してきました。

     

    家帰って、寝ようとしましたが苦しくてなかなか眠れず…気合で寝ましたけどね。

    細切れに4〜5時間眠って、起きてもまだ苦しい。昼食は食べられず、というか朝食も食べてない。夕食はちょっとだけ。多分いつもの半分も食べてない。

    看護師さんにも聞かれましたが、なんかやっぱり徐々に悪くなってますね…。昨日は昼も夕食も少ないですけど食べてましたし、夜にもみかんのゼリーひとつ食べてますし。

     

    ……月曜は主治医の先生が外来にいないので、受診するとしたら火曜日かな…。

     

    喘息持ちの風邪って、本当に気を付けないとですねー。

     

     

     

      ■ PR ■ 

     

    自室に置いてある湿度計が壊れたので、新しいのさがしてました。

    喘息あると湿度のチェックは大事ですからねー。

     

    枕元にポンと置いておくのが欲しかったんですが、シンプルで見やすいの、と思って探していたら、ありました。

     

    【楽天市場】温湿度計 エンペックス ホワイト LV-4901【メール便送料無料】

     

    置き・壁掛け両方使えて、インテリアの邪魔もしないシンプルなデザイン。

    文字盤も見やすくて、これはいい。何よりかわいいし(ここ重要