スポンサーサイト

  • 2020.05.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    その7 ICU3日目。呼吸器を抜いたよ

    • 2019.11.21 Thursday
    • 18:34

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    3日目、体感2日目。

    色々ありました。管抜いたり、体拭いてもらったり、パジャマ着せてもらったり、先生が立ち読みしたり、血まみれ事件があったり、ベッドを移動したり。夜中にはえんじ色の女神もありました。

    色々ありすぎたので、2回に分けます。

     

    ICUにいると1日が早いです。

     

     

    ↓「続きを見る」で内容が読めます。


     

     

     

    3日目。目が覚めて2日目の朝です。

     

    朝から色々やりました。

    動脈ラインから採血、ベッドサイドにポータルという移動式レントゲンを使ってレントゲン。

    呼吸器の管を使って痰の吸引とかも。

     

    ちなみにこの時採血した血は、なんとなく黒かったです。

    動脈の血なのでもっと赤いと思っていたんですが、まだ酸素低かったのでちょっと黒っぽい色になるらしいです。まあ、四六時中酸素モニターがピロンピロンと鳴ってましたからねー。

     

    で、多分昼前。

     

    人工呼吸器を抜きました。

     

    …いきなり。ええ、いきなりですとも。

     

    「よし、口の管抜くよー。息吸ってー、強く吐いてー」で、ズボッと。

     

    先生、たのむからいきなりはやめてくれ…。

    問答無用で何かが始まるのは、ICUあるあるなんでしょうかね?

     

    抜いた瞬間に、看護師さんがスチャッと酸素マスク(大)を当ててくれました。

    結構な量の酸素だったらしく、顔が冷える…( ´艸`)

    ドラマだと、抜いたときにむせたり咳き込んだりしてますが、普通にスポーンと抜けた感じで、そんなに咳も出ませんでした。

    いきなり自分で息しなきゃならなくなったので、ケヘケヘとは出ましたけどね。

    私は若い人では珍しく人工呼吸器でも苦しくない人だったらしいです。看護師さんが「呼吸苦しくない?」と何回か聞いてましが、全然苦しくない所か、めっちゃ楽でした。近年まれにみるほど苦しくなくて、喘息のない人はこんな楽な世界を生きてるんだなーと思ったくらい。看護師さんは、「それだけ苦しかったんだねぇ」と言ってましたが。

    そりゃあね…病院着いたときの酸素、89%しかなくて、呼吸不全状態でしたから…。

     

    あ。ちなみに病院に来た日、ICUで呼吸器をつけて、色々つけて、そのあとMRIも撮ったらしいです。

    MRI初体験だったのに、意識ないとは…! CTならあるんですけどね。

    その時の画像で、気管が縦に少し裂けて、空気が右の鎖骨の下あたりに漏れてたのが見つかったらしいです。私には説明なかったんですけどね。気管がふさがっちゃって、無理に息を吐こうと頑張りすぎたらしいです。

    私、必死で息してましたからね…これがなかなか治らなくて、しばらく喉痛くて声が変でした。

     

    呼吸器外すとしばらく喉が痛いとか、イガイガするとかいいますが、私は喉がちょっと痛いくらいでした。

    それより気になったのは、歯です。

    なんか、全部の歯が自分の歯じゃないような違和感がありました。後に、母が「歯がきれいになってるよ」と言ってたので、歯医者さんの掃除があったんでしょうけど…すごい違和感でした。多分、全部入れ歯にしたよと言われても信じるくらい。

     

     

     

     

    呼吸器を外したので、しばらくはお休みです。

    色んな所でピコピコピロピロ、ピコーンピコーンとなる機械音を聞きながらボーッとしていたら、先生がふらーりと現れました。

    「調子どう?」と聞かれましたが、声はまだ出ません。調子はだいぶいい。

    で、私。ジェスチャーにしようか、筆談にしようか迷って、ジェスチャーを選択。手っ取り早いですからね。慣れてるし。

    が、なぜか、ジェスチャーに「イイネ!」を選択しました。今考えても、なぜそれを選んだって思うんですが…。呼吸器はずれてハイにでもなってたんですかね?

     

    しかも先生、なかなかノリのいい方なのか、もともとそういうキャラなのか。多分後者です。私と同じキャラのにおいが…。

    お互いに「イイネ!」で会話するICUの患者と医者。なんだコレ。

     

    ちなみに先生は、「イイネ!」のあと「ウェーイ」も入れてました。

    お医者さんは面白い人多いですねー(*´▽`*)

     

     

     

     

    気付いたら、看護師さんがいませんでした。

    今考えるとお昼休憩の時間だったのかな、と思うんですが、看護師さんがいないので先生、カルテの画面を見たり、モニターチェックしたり……で、ススス、と近づいてきて、おもむろに、テーブルの上に置いていた何かを手に取り……ジャンプ読みだしたよ…。

    しかも、ベッドのわきに立ったまま(笑)

     

    読みたいなら貸してあげるから座って読めば、と思ったんですが、声でないんでした。

    しかも先生の立ってる位置は、筆談用の紙の前で取れない。

    …おもしろいから、立ち読みする先生を眺めてました。めったに見れない、「マンガを立ち読みする医者」です(*'ω'*)

     

    「カッパやべぇ」とつぶやいていたので、ワンピース読みたかったんですねー。ICUのお医者さんって、昼も夜もないとは聞きますが、ジャンプ読む時間すらないとは……すごい仕事ですね。

    しかしこの先生、ICU最終日まで面白い人でした。

     

     

    スポンサーサイト

    • 2020.05.04 Monday
    • 18:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする