スポンサーサイト

  • 2020.05.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    その17 お薬管理の提案

    • 2019.12.01 Sunday
    • 18:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    7/15 病棟6日目です。

     

    月曜ですが、3連休の最後の日なので、お見舞いの人はこの日も多めです。

     

     

    ↓「続きを見る」で内容が読めます。

     

     

     

     

    朝は普通に始まりましたが、寝不足で点滴の時間に寝ちゃったらしく、気付いたら点滴が終わってました。

    点滴の時間って眠くなりますよね……

     

    朝、毎日掃除が入るんですが、その日はベッドがひとつ無くて、床にもまだなんとなく血の跡が…。

    看護師さんと掃除の人が話しているのを見たのは初めてです。洗剤? らしいスプレーで凄く磨いていました。

     

    点滴の後、しばらくのんびりしていたら、2人部屋の時にお世話になった看護師さんが現れました。

    「死にかけた話13」で出てきた、ごはん頑張ったとめっちゃほめてくれた、あの看護師さんです(笑)

     

    で、あの時同じ部屋だったおばあちゃん。

    移動した次の日に退院して、今日診察に来て元気そうだったよーって。

     

    で、「そろそろお薬の管理、してみる?」と。

    あいかわらず唐突ですねー。

     

     

     

     

    お薬の管理、それまでは看護師さんが時間に出してくれるのを飲んでました。

    食前食後各三回に、寝る前。朝だけの薬もあったり、朝夕の薬があったり、一回に2つ飲む薬もあったりして、結構複雑…。

     

    やる? といわれたので、やりたい! と答えましたが…できるようにならないと退院できないわけですしね。

    とりあえず薬剤師さんに薬の説明をしてもらって、それから自分で管理が始まるみたいでした。

     

    この時飲んでる薬、普段の胃薬も含めて10種類以上あったので、大変だろうなーと思いましたけどね。

     

     

     

     

    薬の管理が始まるので、先に吸入薬のアドエアだけ先に預かりました。

     

    アドエア、ICUにいた時から使ってたやつです。

    ICUにいた時は、看護師さんがセットまでしてくれて、私は持って、吸うだけでした。

    病棟に来てからは、時間になるとアドエアをドーンとテーブルに置いて行ってくれました。

     

    で、自分で持つようになったので袋ごともらったんですが…。

    これがなかなか衝撃的な袋。

     

    ICUで処方してもらった薬なので、袋がICU。

    臨時処方、麻酔科ICUって書いてあるんですもん…。あまりに珍しすぎて、スマホでSNSに上げてみました。

    そしたら、友達が何があったと連絡くれました。

    あとから考えると、いきなり「ICU」って書いた薬の袋の写真が上がったら驚きますよね…。入院なう、とか書いてる場合じゃなかったですね。スマン友達…。今度からはちゃんと、普通に入院なうするよ…(そもそも入院するな

     

     

     

    ↑実物。 めったに見ない薬の袋ですよねコレ…。

    あまりに珍しすぎて、いまだにとってあります。

     

     

     

     

    夜中、また救急から入院がありました。

    前夜、3人になってた部屋がまた4人部屋になったわけですが、3/4が喘息患者に。

     

    喘息で入院したのは初めてなんですが、喘息で入院する人って本当に多いんですね…。

     

    もう一人の喘息の人は眠れなくてつらそうでした。

    ご飯食べるのも薬飲むのも辛そうで、私はそういう辛いのを全部すっとばして、気付いたらもう苦しくないし食べたり飲んだりもつらくないし、という状態だったので、色々とお手伝いしてました。下膳したり氷枕運んだり、くらいしかできませんけどね。

    あと楽な姿勢を教えたり?

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2020.05.04 Monday
    • 18:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする