14.帰宅許可【喘息でICUに入った話】

  • 2020.04.05 Sunday
  • 18:00

JUGEMテーマ:入院

JUGEMテーマ:喘息

 

 

 

【喘息で息が止まってICUに入った話】13.当番病院で吸入 の続きです。

 

ネブライザーでの吸入1セットを終えましたが、看護師さんは何も言ってくれませんでした…。

 

 

 

ネブライザーが終わってもほおっておかれ、終わった後の指示がなかった為どうしていいかわからず…。

多分喘息の人ってネブライザーも点滴も慣れているので、特別指示しなくてもどうすればいいか分かっているからでしょうが、残念ながら私はわかりません。

 

何故なら、喘息で他の病院にかかったことが無かったので( ー`дー´)キリッ

 

前の病院では、発作が起きても普通に順番通りに診察待ちをし、酸素計って胸の音を聞いて、必要そうならネブライザーして終了、という流れでした。

分かる方はツッコミどころ満載ですよね(;^ω^)

喘息発作中なのに診察で順番待ち。必要そうならネブライザー。しかもネブライザー終わってからの様子見は無し。

これが普通だと思ってたんですから……。

 

そんなわけで、通りかかった看護師さんに「吸入終わったみたいなので待合室戻ってもいいですか?」って聞いて、ちょっとフラフラしながら待合室へ。戻ったらさらに人が増えていました…。

ネブライザーのおかげでうるさかった喘鳴はとまり、なんとなく息苦しさはあるもののだいぶ楽になっていました。

 

しばらく座っていたら、診察室から先生出てきて、顔を見るなり「よさそうですねー」って。

顔色も良くなったし、といいながら酸素をはかり、酸素もOKだったようで、帰宅許可が出ました。

顔色、全然気づきませんでしたが…真っ白だったそうです。

 

会計が終わり、帰るころにはもう昼近く。

午前中に買い物に行く予定だったのがすっ飛んでしまったので、コンビニによって昼食を調達して帰ることになりました。

しかし、コンビニを歩くのも辛そうだったので私は車の中で留守番。ぼーっと見上げていた空が、きれいな青空だったのをよく覚えています。

 

ここで帰宅許可が出たことについては、いまだによかったのか悪かったのかはわかりません。

 

そのまま入院していれば、呼吸が止まることはなかったでしょう。

しかし、入院ということはこの病院がこれからの喘息のかかりつけになるということです。前に言いましたが、この病院は家から遠いので、入院も通院もものすごい負担がかかります。

 

帰宅したことで、息が止まって救急搬送になりましたが、おかげで喘息のかかりつけが家から10分もかからない総合病院になり、しかも主治医は呼吸器の専門医。

 

どちらが良かったのかはわかりませんが…今生きてるからどっちでもいいや。

 

 

次回は 「15.家に帰ってすぐ」です。

 

 

 

 

 以前の記事はこちらからどうぞ↓

 

 00.はじめに

 

13.当番病院で吸入 15.家に帰ってすぐ

 

 

「真面目な喘息の話」では、「こんなことを詳しく解説して欲しい」というリクエストを引き続き募集中です。

 

 

 

ランキング参加中。ポチっとお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 喘息へ にほんブログ村

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.04 Monday
  • 18:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Ranking

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    Recommend

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【喘息】喘息の診断について知ろう。医学用語がわかれば先生の話が分かる
      HIROMI (01/20)
    • 【喘息】喘息の診断について知ろう。医学用語がわかれば先生の話が分かる
      なな (01/20)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM