スポンサーサイト

  • 2020.05.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    新しいブログが完成しました。

    • 2020.05.04 Monday
    • 18:00

     

    新しいブログが完成しましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

     

     

    ということで、これからは新しいブログで更新していきます。

    徐々に内容を移動し、完了次第こちらのブログは閉鎖する予定です。

     

    ブックマーク等をしてくださっている方は、お手数ですが、新しいブログの方に張り直しをお願いいたします。

     

     

    ってことで、新しいブログのURLです。

     

    「ぜんそくの人のブログ」http://k-hiromi.blog.jp/

     

     

    もうこちらで更新することはありません。

    短い間でしたが、お世話になりました…。引っ越し先でもよろしくお願いいたしますm(__)m

     

     

     

    「死にかけた」という表現について思う事。

    • 2020.02.05 Wednesday
    • 18:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    今日はレシピを上げようと思っていたんですが、ちょっと、ぐるぐる考えてしまっているので、ここで発散させてください。

    グチグチっぽくなってしまうかもしれないので、

     

    「喘息の勉強のためにこのブログ見に来てるんです」

    「人の愚痴はちょっと読みたくないよー」

     

    というかたは、この記事はスルーでお願いします。

     

     

     

    皆さんは、「死にかけた」という表現を聞いて、どう思われますか?

     

    タイトルとしては、ストレートにインパクトがあるしわかりやすくていいと思います。

    私も「喘息で死にかけた話」ってタイトルつけてますしね。

    Instagramでも、死にかけた話はあげていて、ブログでもいろんな人にみてもらっているわけですが…。

     

    最近、「死にかけた」という言葉が、やたら気にさわる、というか目につくというか…もやぁっとする、という謎の現象に見舞われています。

     

    喘息で死ぬかと思ったのー、というのも、ちょっとな…というレベルです。

     

    死ぬかもしれないと思ったことは否定しません。

    息が苦しいってそれだけの恐怖があるので、死ぬかも、と表現するのも分かるんです。わかるんです…けどね。

     

    「死」という表現を軽々しく使ってほしくない、と言うのが、多分根本にあるんだと思うんです。

     

    今までこんなことを思ったこともありませんでした。

    普通にふざけ言葉として「死ねばいいのにー」とかも思ったことありますし(人に向けて言ったことはありませんが)、しかし、実際に自分が息止まってブラックアウトして、ICUで目覚めて管だらけの自分を見て、お医者さんに危なかったね、と言われ…そして、喘息について勉強していくことで、過去の自分の状況がどれほど危険だったのかを理解するにつれ、「本当に死にかけたんだ」と、今、実感しているんだと、思います。

     

    息ができなくなったあの時、私は意識ないので知りませんが、救急隊員にAEDを付けられ、胸の真ん中をグリグリされ(痛みに反応するかをみる意識チェック)、目覚めたあと両足についていた、抹消の脈拍を見るための目印があり…いろんなことが、やっとつながったんだと思います。半年もかけて(笑)

     

    だから、「死」という言葉に過敏になっているのかな、と思ったり…。

     

     

    「喘息で死にかけた話」を公開してから、いろんなところで「私も喘息で死にかけたことがあって…」と話しかけられることが増えています。

    私より重症で心肺停止したとか、1週間近く意識がなかったとか、っていう人もいて、お互い生きててよかったねー、喘息のコントロールお互い頑張ろうねー。という話になるんですけどね。

    ただ、一部に「死にかけた」と言いつつ歩いて病院駆け込んだとか、自分で運転して病院行ったとか…うん、っていう話も一定数あって、発作は死ぬかもしれないという恐怖があるので、怖かったんだな、と思うだけなんですけど…。

     

    それを私に言って、どうしたいんだろう? というのが正直な所で。

     

    今までのDMやらコメントやらで見ていると、危なかった人は「お互い頑張ろう」「生きててよかった」「同じ体験をした人がいて心強い」「情報共有ができてよかった」というお話が多くて、私もずいぶん元気をもらったわけです。

     

    ですが、「私も死にかけたんですー、これこれこういうことがあってー」と言う人って、自分のことしか話さないで、情報の共有がしたいのかな? と思って私も自分の状況を話すと、「あーそうなんですねー、私はこれこれが〜」って始まり…。何がしたいんだろう…?? とモヤァっとなります。

    情報の共有がしたいわけではなく、アドバイスが欲しいわけでもなく、お互い励まし合う、というわけでもなく…そうなると、私に何を求めて話しかけてきたのかがわからない、という状態になってしまうわけで。

     

    友達にそんな話をしたところ、「それって、”かわいそう”って言われたいだけだよ」と言われました。

    かわいそうだと言われることで、優しくされたいとか、同情(関心)をひきたいとか…そういう方向で目立とうとする人がいるんだとか。

     

    そういう人を見たことがないので、いまいち良く分からなかったんですが…

    つまり、「強み」を武器にしているのではなく、「弱み」を武器にしている、ということなんだと、理解しました。弱いから、守ってほしい、という感じ…なのかなぁ(自信ナイ)

     

    そういう人は、前に進もうとする人の足をひっぱるから、関わらない方がいい、とアドバイスをもらったんですが、やっぱりよくわかりません。

    とりあえず、世の中にはいろんな人がいるんだ、ということだけ理解できたので、よしとします。

     

     

    このブログは、私の経験を通して、喘息の人もそうでない人も生きやすくなる世界になる為の手助けができればいい、と始めたブログです。

    重度の喘息の人も、最近診断されて勉強を始めたところの人も、パートナーが喘息だから勉強したい人も、みんなにわかりやすいブログを目指しています。

     

    なので、これからも喘息の情報発信を続けていきます。

     

    …内容がめちゃくちゃで本当に申し訳ないです。

     

     

    その21 退院の日

    • 2019.12.05 Thursday
    • 18:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    7/19、病棟10日目。

     

    一か月と言われた入院期間を、たった2週間に短縮しての退院です。

    先生も驚くスピード回復でした。

     

    …この後また大変なんだけどもね。

     

     

    ↓「続きを見る」で内容が読めます。

     

     

    続きを読む >>

    その20 退院許可が出た

    • 2019.12.04 Wednesday
    • 18:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    11/18、病棟9日目です。

     

    ついに、退院許可が下りました。

    1ヶ月と言われた入院期間が、なんと、たったの2週間。先生も驚く回復力です(笑)

     

     

    ↓「続きを見る」で内容が読めます。

     

     

    続きを読む >>

    その19 部長回診の日

    • 2019.12.03 Tuesday
    • 18:00

    JUGEMテーマ:喘息

     

     

    11/17 病棟8日目です。

     

    この日は、部長回診、というのがありました。

    そして入院の人が増えました。

     

     

    ↓「続きを見る」で内容が読めます。

     

     

    続きを読む >>